傷病手当金:申請書の書き方(うつ病)や申請期間を記入例で確認

社会保険(協会けんぽ)

傷病手当金の申請をするときに記入する「傷病手当金支給申請書」ですが、病名が「うつ病」「双極性障害」「不安障害」「睡眠障害」など、ストレスやメンタルが原因で仕事を休んだ場合はどのように書けばいいか?書き方に迷ってしまう方もいると思います。

そこで今回は「傷病手当金支給申請書」(協会けんぽ)の書き方を記入例を使ってまとめてみましたので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

傷病手当金支給申請書の記入例

傷病手当金支給申請書は、被保険者(本人)が記入する「①被保険者の情報」「②被保険者の申請内容や確認事項」と、会社が記入する「③事業主の証明」、医師が記入する「④療養担当者の証明」の4枚となります。(協会けんぽの場合)

それでは、早速記入例を確認していきましょう。

(協会けんぽ以外の保険組合でも、記載する項目や内容は、似ているので参考にしてみてください。)

①被保険者記入欄(NO.1)

「被保険者記入欄(NO.1)」には傷病手当金を申請する人(本人)の氏名や口座の情報を記入します。


★1「被保険者の記号と番号」
被保険者の記号と番号は保険証↓で確認することができます。

(健康保険証の見本)

★2「マイナンバー記載欄」
マイナンバーの記入は原則不要です。但し、保険証の「記号」と「番号」が不明の場合は記入してください。

②被保険者記入欄(NO.2)

「被保険者記入欄(NO.2)」には、病名や病状、申請する期間などを記入していきます。

★1「傷病名」
4ページ目の療養担当者の記載を参考に記入しましょう。

★2「発病時の状態」
発病時の状況を記入します。わからない場合は、「不詳」と記入しておいてください。

また、仕事が原因で病気になったとなると傷病手当金ではなく労災として扱われる場合もあります。

★3「休んだ期間(申請期間)」
「休んだ期間」にはいつからいつまでの分を申請するのか?申請期間を記入します。また、「日数」は土日など公休も含めカウントします。

傷病手当金は毎月申請する人がほとんどだと思いますので、例えば3月に申請する場合は、前月(2月)に休んだ期間を記載してください。

その他、仕事内容は、職種を詳しく記入します。退職後に申請する方は、在職していたときの仕事内容を記入して提出してください。

スポンサーリンク

③事業主の証明(会社記入)


こちらは勤務先で記入してもらう書類です。退職後に傷病手当金を申請する場合は不要です。

④療養担当者の証明(医師記入)

こちらは病院で医師に記入してもらう書類です。病名や初診日など、本人が記入する「②被保険者記入欄(NO.2)」と合っているか確認をするようにしてください。

おわりに

今回は「傷病手当金支給申請書」の書き方を記入例と併せてまとめてみました。

協会けんぽの場合、申請書が一式揃えば被保険者(本人)が直接申請することもできます。急いで傷病手当金をもらいたい方は、会社に相談してみてください。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

監修&運営会社

事業所:尾形社会保険労務士・FP事務所

所在地:福岡県福津市中央6-17-6 12F

連絡先:お問い合わせフォーム

ホームページ:https://ogata-offices.com/


(所属団体)

・全国社会保険労務士連合会

・福岡県社会保険労務士会

・日本FP協会福岡支部


※FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。

YouTubeチャンネル

当ブログの内容をYouTubeでも解説しています。



「知っている人だけが得をして、知らないと損をする」そんな国の制度やお金の知識を、専門家がわかりやすく解説していますので、是非チャンネル登録をお願いします。

TOP