年末調整でひとり親控除、寡婦控除の申請を忘れた時の対処法と還付金額を確認

確定申告

この記事では、年末調整や確定申告でひとり親控除、寡婦控除の申請を忘れてしまった場合の対処法として、一番簡単な申請方法をご紹介させていただきます。

結論から言うと、過去5年分は遡って申請できます。遡って申請することで、多く支払った税金(所得税と住民税)が戻ってきますので、時間のあるときに是非申請しましょう。

また、申請することでどのくらい税金が戻ってくるのか?還付金額の目安についてもまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

※もともと税金(所得税・住民税)がかかっていない非課税世帯の場合は、申請しても還付金はありませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

遡っての申請は、いつすればいいの?

遡っての申請は、税務署が開いている時間ならいつでも可能です。

通常、確定申告は毎年2/16~3/15の間に行いますが、過去に遡ってのひとり親控除・寡婦控除申請(還付申告、または更正の請求といいます)は、2/16~3/15の間だけでなく、いつでも出来るので、時間のあるときに申請しましょう。

一番簡単な申請方法

一番簡単な方法は、次のものを持って直接最寄の税務署に行くことです。必要な書類は税務署にありますし、申告書の書き方などは、署員さんが教えてくれるので心配ありません。

事前に電話して、相談予約を取ってから税務署に行ってみましょう。最寄の税務署はこちらから調べられます。→税務署一覧

【税務署に持っていくもの】

  • 申請する年の源泉徴収票
  • マイナンバーがわかる書類(マイナンバーカードなど)
  • 免許証などの本人確認書類
    ※マイナンバーカードを持っている場合は必要ありません。
  • 還付先口座のキャッシュカード・通帳(口座番号のわかるもの)

遡って申請することで税金はいくら戻ってくるの?

ひとり親控除、寡婦控除を遡って申請することで、どのくらい税金が戻ってくるのか?計算したので1つの目安にしてください。

ひとり親控除については令和2年に出来た制度なので、現時点では2年分しか遡ることは出来ませんが、今後のことも考えて5年分載せてあります。

※住民税率はほぼ一律で10%ですが、所得税率は所得によって異なります。

【所得税率5%の方】

申請する年数 ひとり親控除 寡婦控除
過去1年分 47,500円 39,500円
過去2年分 95,000円 79,000円
過去3年分 142,500円 118,500円
過去4年分 190,000円 158,000円
過去5年分 237,500円 197,500円

【所得税率10%の方】

申請する年数 特別寡婦 寡婦控除
過去1年分 65,000円 53,000円
過去2年分 130,000円 106,000円
過去3年分 195,000円 159,000円
過去4年分 260,000円 212,000円
過去5年分 325,000円 265,000円

たとえ過去1年分だったとしても、結構大きな金額ですよね。これなら多少手間でも申請したほうが良さそうです。

ちなみに還付金は、所得税は税務署から、住民税は市区町村から振り込まれます。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

監修&運営会社

事業所:尾形FP事務所

連絡先:お問い合わせフォーム


(所属団体)

・日本FP協会(会員番号90326599)

・日本FP協会福岡支部


※FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。

TOP