確定申告でひとり親控除・寡婦控除を申請。書き方・記入例、控除額を確認!

確定申告

この記事では、確定申告でひとり親控除、寡婦控除を申請する際の書き方と記入例をご紹介させていただきます。ひとり親控除と寡婦控除両方の書き方を掲載していますので該当する方をご覧ください。

スポンサーリンク

ひとり親控除の書き方・記入例

確定申告書 第二表

まずは、第二表から書いていきましょう。

下記記入例の「ひとり親」を○で囲み、に子どもの氏名、マイナンバー、続柄、生年月日を記入します。16歳未満の場合は住民税の「16」に○を付けて下さい。


続いて、第一表です。

確定申告書 第一表

第一表は下記記入例青枠内に控除額を記入します。ひとり親控除の控除額は35万円なので「35」と記入します。また、ひとり親控除の場合は、区分欄に「1」と記入します。

寡婦控除の書き方・記入例

確定申告書 第二表

下記記入例の青枠内にて、「寡婦」に○をつけて、理由として「死別・離婚・生死不明・未帰還」のいずれかにチェックします。

確定申告書 第一表

第一表は下記記入例青枠内に控除額を記入します。寡婦控除の控除額は27万円なので「27」と記入します。

以上が、ひとり親控除・寡婦控除を確定申告で申請する場合の書き方と記入例になります。ちなみに、添付書類は特に必要ありません。確定申告書に記入するだけでOKです。

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

監修&運営会社

事業所:尾形社会保険労務士・FP事務所

所在地:福岡県福津市中央6-17-6 12F

連絡先:お問い合わせフォーム

ホームページ:https://ogata-offices.com/


(所属団体)

・全国社会保険労務士連合会(40210013号)

・福岡県社会保険労務士会
     
・日本FP協会(会員番号90326599)

・日本FP協会福岡支部


※FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。

YouTubeチャンネル

当ブログの内容をYouTubeでも解説しています。



「知っている人だけが得をして、知らないと損をする」そんな国の制度やお金の知識を、専門家がわかりやすく解説していますので、是非チャンネル登録をお願いします。

TOP