確定申告の還付金はいつ・いくら返ってくる?金額も確認しておこう!

確定申告

この記事では、確定申告の還付金がいつ振り込まれるのか?また、いくら戻ってくるのか?還付金額を確認する方法についてご紹介させていただきます。

また、補足として確定申告の還付金を受取る際「振込先として使えない銀行」など、その他の注意点についてもまとめましたので、スムーズな還付金受取りにご活用いただけると幸いです。

スポンサーリンク

確定申告の還付金はいつ返ってくる?

国税庁のホームページによると、確定申告の還付金は、通常確定申告を行ってから約1ヶ月~1ヵ月半後に返ってきます。

また、e-tax(電子申告)で還付申告を行った場合だと約3週間程度で処理しているとのことです。

【還付金が返ってくる目安】

2月16日に確定申告した方→3月中旬~末 
3月1日に確定申告した方→4月上旬~中旬 
3月15日に確定申告した方→4月末~5月上旬

但し、確定申告時期の後半(3月に入ってから)だと一番込み合うため、2ヶ月くらいは余裕をみておいたほうが良さそうです。

(参考)国税庁:税金の還付

いくら戻ってくる?還付金額の確認方法

還付金額は、確定申告書の控えの下記箇所で確認できます。

還付金を受取れない銀行一覧

下記の銀行では還付金の受取りは出来ないのでご注意下さい。

  • セブン銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • じぶん銀行

その他の注意点2つ

【口座の名義について】

申告する本人の名義でないと認められません。なので結婚して苗字が変わったなど、銀行口座が旧姓のままになっている場合はご注意下さい。また、個人事業をされている方で、口座の名義に屋号が含まれている場合も、認められないことがあるようです。

【ゆうちょ銀行を指定する場合】

ゆうちょ銀行の場合、通帳に記載されている「記号(5桁)」と「番号(2~8桁)」をつなげた7~13桁の記号番号を記入しましょう。振込み用の口座番号は記載しないようご注意下さい。

【確定申告書 記入例】

国税庁ホームページより引用


(通帳で「記号」・「番号」が記載されているところ)


※振込みではなく、郵便局窓口での還付金受取りを希望するの場合は、受取りを希望する「郵便局名等」の記入が必要です。

おわりに

確定申告の書き方でお困りの方は、ケース別に確定申告記入例をまとめた、こちらの記事も是非参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓ 
2022(令和3年分)確定申告書類の書き方・記入例ケース別徹底解説!

それでは今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

監修&運営会社

事業所:尾形FP事務所

所在地:福岡県福津市中央6-17-6 12F

連絡先:お問い合わせフォーム


(所属団体)

・日本FP協会(会員番号90326599)

・日本FP協会福岡支部


※FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。

TOP