令和3年分 所得金額調整控除申告書の書き方と記入例。対象者を確認!

年末調整
スポンサーリンク

前回、前々回の記事で、基礎控除申告書、配偶者控除等申告書の書き方・記入例を紹介しました。この2つをまだ書いてない方は、良かったら参考にしてみて下さい。

令和3年分 給与所得者の基礎控除申告書の書き方・記入例
令和3年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方・記入例

今回は「令和3年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼….」の3回目(最終回)ということで、令和3年分 所得金額調整控除申告書の書き方と記入例を解説させていただきます。

但し!所得金額調整控除は、給与年収850万円超の方が対象です。給与年収850万円以下の方は対象とはならないため、記入する必要はありません。

なので、ここから先は対象の方だけお読みください。では、本題に入りましょう。

所得金額調整控除とは?

令和2年の給与所得控除額の改正により、給与収入が850万円を超える人は実質増税となりました。但し、23歳未満の子どもや特別障害者を扶養している世帯は負担が大きいため、増税分の調整を行います。この調整が所得金額調整控除です。

対象者を確認

対象者は、給与収入が850万円を超えていて、かつ、次のいずれかに該当する人です。

  • あなた自身が特別障害者
  • 同一生計配偶者が特別障害者
  • 扶養親族が特別障害者
  • 扶養親族が年齢23歳未満

※「同一生計配偶者」とは、あなたと生計を一にする配偶者で、本年中の合計所得金額の見積額が48万円以下(給与収入だけの場合は103万円以下)の人を言います。

特に一番下の「扶養親族が年齢23歳未満」は、23歳未満の子どもがいる場合はほぼ対象となるので忘れずに申請しましょう。

夫婦共働きでもOK

扶養控除は夫婦のどちらか一方でしか使えませんが、この所得金額調整控除は、夫・妻の両方で使えます。共働き夫婦で夫・妻の両方が所得金額調整控除に該当する場合は、夫・妻それぞれで申請を行い、しっかりと控除を受けましょう。

控除額はいくら?

控除額は、次の計算式で計算します。

控除額=(給与年収ー850万円)×10%
※給与年収の上限は1000万円。

例えば、給与年収が1200万円の場合、
給与年収の上限は1000万円なので、1200万円⇒1000万円として計算する。

控除額=(1000万円-850万円)×10%
=150万円×10%
15万円

となります。

所得金額調整控除申告書の書き方と記入例

では、実際に所得金額調整控除の書き方を確認していきましょう。ここでは以下の4パターンに分けて書き方・記入例をご紹介しますので、該当する項目をご確認ください。

  • あなた自身が特別障害者
  • 同一生計配偶者が特別障害者
  • 扶養親族が特別障害者
  • 扶養親族が年齢23歳未満

あなた自身が特別障害者

「あなた自身が特別障害」にチェックします。

「★特別障害者」の欄の「扶養控除等申告書のとおり」にチェックします。

※扶養控除等申告書に記入していない場合は、障害者控除が適用されず損をしてしまいます。こちらの記事を参考に障害者控除を申請しましょう。→年末調整:障害者控除の書き方と記入例。控除金額や添付書類も確認

同一生計配偶者が特別障害者

「同一生計配偶者が特別障害者」にチェックします。

「☆扶養親族等」の欄(上記画像青枠内)に、配偶者の氏名・フリガナ・個人番号・生年月日・あなたとの続柄・合計所得金額の見積額を記入します。※個人番号を記載するかしないかは、会社により方針が異なるのでお勤め先にご確認ください。

「★特別障害者」の欄の「扶養控除等申告書のとおり」にチェックします。

※扶養控除等申告書に記入していない場合は、障害者控除が適用されず損をしてしまいます。こちらの記事を参考に障害者控除を申請しましょう。→年末調整:障害者控除の書き方と記入例。控除金額や添付書類も確認

扶養親族が特別障害者

「扶養親族が特別障害者」にチェックします。

「☆扶養親族等」の欄(上記画像青枠内)に、配偶者の氏名・フリガナ・個人番号・生年月日・あなたとの続柄・合計所得金額の見積額を記入します。※個人番号を記載するかしないかは、会社により方針が異なるのでお勤め先にご確認ください。

「★特別障害者」の欄の「扶養控除等申告書のとおり」にチェックします。

※扶養控除等申告書に記入していない場合は、障害者控除が適用されず損をしてしまいます。こちらの記事を参考に障害者控除を申請しましょう。→年末調整:障害者控除の書き方と記入例。控除金額や添付書類も確認

扶養親族が年齢23歳未満

「扶養親族が年齢23歳未満」にチェックします。

「☆扶養親族等」の欄(上記画像青枠内)に、配偶者の氏名・フリガナ・個人番号・生年月日・あなたとの続柄・合計所得金額の見積額を記入します。※個人番号を記載するかしないかは、会社により方針が異なるのでお勤め先にご確認ください。

おわりに

お疲れ様でした。以上が所得金額調整控除申告書の書き方と記入例となります。

これで、「令和3年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」に掲載されている、

  • 基礎控除申告書
  • 配偶者控除等申告書
  • 所得金額調整控除申告書

すべての書き方・記入例となります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

第1回目:令和3年分 給与所得者の基礎控除申告書の書き方・記入例
第2回目:令和3年分 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方・記入例
第3回目:令和3年分 所得金額調整控除申告書の書き方と記入例。対象者を確認!

スポンサーリンク

関連記事

監修&運営会社

事業所:尾形社会保険労務士・FP事務所

所在地:福岡県福津市中央6-17-6 12F

連絡先:お問い合わせフォーム

ホームページ:https://ogata-offices.com/


(所属団体)

・全国社会保険労務士連合会

・福岡県社会保険労務士会

・日本FP協会福岡支部


※FPとはファイナンシャルプランナーの略称です。

YouTubeチャンネル

当ブログの内容をYouTubeでも解説しています。



「知っている人だけが得をして、知らないと損をする」そんな国の制度やお金の知識を、専門家がわかりやすく解説していますので、是非チャンネル登録をお願いします。

TOP